無題

テーマ:ブログ

北ダコタに生まれ、合衆国北西部で教育を受けたスティルは、1940年代半ばにニューヨークシティに移り、まもなくノでレットナイフのみで色を塗った不定形でぎざぎざのある形によって特色づけられる絵画を展示しはじめた。1947-1948年作の《無題(PH-114)》にみられるように、異なった色の領域が、バズルの重なり合った断片のように、互いに隣接している。色彩は濃く、豊かで、反対色の小さな色片がしばしば大きな領域の端や真中に現れる。スティルは、彼の作品にいかなる連想的な意味も指定することは避けているが、学者たちは、彼の絵画には、風景、特にアメリカ西部のでこぼこの土地への暗示があるとしばしば述べてきた。事実、この絵を支配している黒の領域の不気味な存在は、洞窟か渓谷を暗示している。

コメント

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.waioi.com/tsukasa/trackback/44993

記事テーマ一覧

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2017/08      >>
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

ブログランキング

総合ランキング
70位 / 823人中 up
ジャンルランキング
13位 / 137人中 up
日記

フリースペース

HTMLページへのリンク

プロフィール

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のコメント

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧