1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

防振双眼鏡天国のこと

テーマ:ブログ
防振双眼鏡をのぞくと、そこは天国であった。
全く期待していなかっただけに衝撃が強い。
ちゃっちゃっと試して肉眼派としての生き方を全うするぞ~!と思ってライブの初っ端から使ったのが吉だったのか、凶だったのか。友達と二人でライブに入ったのだが(防振双眼鏡かしてくれた子とは別)その子も防振双眼鏡に魅せられて、結局2時間のライブの大半は防振双眼鏡の取り合いをしてしまったのである。曲割的に次は薮君の見せ場!!!というときは軽量 双眼鏡をぶんどって高画質で彼をみることに命を懸けた。今までの私だったら見せ場ならなおさら肉眼で見ていたというのに。
とにかく、くっきりはっきりと映る。アナログテレビがデジタルテレビに。体感的にはそんな感じ。手の揺れの不快感が消えるとこんなに見やすいの!?と驚くばかり。
綺麗な顔はもちろん衣装のシワとか髪の乱れ具合とか云々……。ダンス中にすっごく息が切れていて色っぽい薮君の首筋。ダンス時の足の運び方……。とてつもない臨場感に襲われる。ライブでひたすら自分の担当を見つめていたい人は絶対買うべきと教えてあげたい。
こうなってくると何度考えても、もう買うという選択肢しか出てこない。肉眼派などと生ぬるいこと言っていられない。もちろん肉眼で見られるのはライブならではだし、「あ~~~私の眼球が直接彼らを映している~~~~~~!!!!!」という楽しい気分にさせてくれるのは肉眼が強いだろう。しかし、もうヤツを一度手にしてしまったが最後。もうあの鮮明さなしにライブは行けない。それほどまでに防振双眼鏡の魅力は大きい。
しかし、値段も値段なため、試さないまま買うのは躊躇う人が大半だろう。私自身、友達が貸してくれなければ買うことはなかった。少しでも防振双眼鏡の魅力が伝われば、と思いブログをここまで書いてきたが、魅力をまだまだ伝えきれていない気がする。
しかしこれだけは言いたい。
防振双眼鏡を買って後悔はしない。私は買わなかったことを後悔している。
  ちなみに、より望遠鏡情報(野鳥 アーチェリー 望遠鏡、望遠鏡やり方など)はhttp://www.hobbyboenkyo.com/までにどうぞよろしくお願いします。

対物レンズ口径について

テーマ:ブログ
双眼鏡の対物レンズで色々な真意があります、そしてこれは双眼鏡にとって重要な物でした、大事にしなければなりませんです。ダハプリズム式 望遠鏡
対物レンズ口径は双眼鏡の視野の明るさに影響する。星像など点光源の明るさは対物レンズ口径の二乗に比例するが、より一般的な、面積を持つ対象物の明るさは、対物レンズ口径を倍率で割った射出ひとみ径 (en)の二乗に比例する。射出ひとみ径の二乗値は、メーカーによっては「明るさ」としてカタログ表記されている。射出ひとみとは双眼鏡を眼から離し対物レンズを明るい方に向けたとき接眼レンズに写る明るい円である。人間のひとみ径は暗夜でも7mm程度であり、7mm以上の大きさの射出ひとみ径は無意味とされており、7mmより大きい射出ひとみ径を持つ双眼鏡は極めて少ない。船舶用など夜間業務用には最大限の射出ひとみ径である7mmの射出ひとみを持つ7x50などの双眼鏡が、天体観測用としては射出ひとみ径が5-7mm程度のものが推奨されることが多い。天体観測用の場合は対物レンズ口径の絶対値も重要であり、50mm以上の口径が好まれる。人間のひとみ径は明るい屋外では2mm程度であるため、屋外や明るいステージなどのみが観賞対象である場合には射出ひとみ径の大きさを必要以上に気にする必要はないが、一般的には4mm程度以上あった方が無難と考えられている。
  ちなみに、より望遠鏡情報(オペラグラス 通販店、望遠鏡やり方など)はhttp://www.hobbyboenkyo.com/までにどうぞよろしくお願いします。

[双眼装置]の事

テーマ:ブログ
なぜそこまで両目で見ることにこだわるの? 
なぜそんなにしてまで両目で見ることにこだわるの?って言われそうですが、「一度体験してみてください」としかいい返事が見つかりません。

試しに見通しの良いところでしばらく片目を手でふさいでから手を取り除いてみてください。

単眼で見る景色と双眼で見る景色の違いが分かると思います。

立体感、奥行き、実体感など、うまく言いませんが、人は両目で物を見るようになっているんだということを感じることができます。

人の脳が両目からの情報を組み合わせて視覚化しているというのでしょうか。


スポーツ観戦 望遠鏡に双眼装置を使うと次の違いがはっきり分かります。

・見やすい
・目が疲れない
・視野が広く感じる
・望遠鏡の存在を感じなくなる
・対象が大きく見える
・月の地形などに立体感を感じる

月を双眼で観ると、すばらしい体験ができますよ。

まるで月を回る宇宙船の窓から月面を見ているかのような迫力です。

また木星もまるでドッジボールのようにぽっかりと浮かんで見えます。

理論上は光が半分ずつに分けられて光の量が減っているはずなんですが、脳の中で左右の目からの情報を足し合わせるのでしょうか、暗くなった感じが無いのです。

むしろコントラストが上がって模様が良く見えるようになります。
 ちなみに、より望遠鏡情報(小型 双眼鏡、望遠鏡やり方など)はht tp://www.hobbyboenkyo.com/ までにどうぞよろしくお願いします。

レンズの清掃方法

テーマ:ブログ
双眼鏡を持つ人には、レンズは大事な部件である事は確実ですか、レンズ拭く前に、ほこりを飛ばすことが肝心。防水 フィールドスコープ
双眼鏡を使用すれば当然、ホコリがついたり汚れたりします。 ほんの数分で終了することですので、正しい清掃方法を覚えてしまいましょう。 レンズの清掃で最も気をつけることは、傷をつけないことです。そして、傷をつけないためには、汚れを取る前に、ホコリを飛ばすことです。 PCの清掃にも使うスプレー式のエアダスターで、ホコリを飛ばします。 
エアダスターでホコリを飛ばす、レンズ表面に細かな砂やホコリが無くなったのを確認したら、無水エタノール(安いです)と綿棒を使って、レンズの表面に付着した脂を拭き取ります。少しくらい拭きムラが残っても気にすることはありませんので、神経質になって強くこすることは避けましょう。
最近では、中級モデルにも採用されつつある、「撥油コート」というものがあります。 これは、光の透過率を高めるコーティングとは別に、汚れをはじくコーティングが施されており、本当に重宝します。 第一に、汚れにくい。第二に、清掃しやすい(拭きムラが残らない)。 双眼鏡を選ぶ際、予算が許されるなら、撥油コート仕様の双眼鏡を選ぶのもいいかと思います。 ここで、皆んさんに参考になるでしょうか、ちなみに、より望遠鏡情報(スポーツ観戦 望遠鏡、望遠鏡やり方など)はhttp://www.hobbyboenkyo.com/ までにどうぞよろしくお願いします。

コンパス

テーマ:ブログ
コンパスとは望遠鏡でもよくはなししているです。、視野の下側に3桁の数字で方位が表されています。
 写真では「127度」をさしていますから、ほぼ東南東の方角を向いていることになります。 このように双眼鏡に内蔵されたコンパスは細かい角度まで読み取ることが出来るので、海上では船の進行方向を求めるのに使われたりします。 旅行でいつも持ち歩く道具の中にコンパスが入っているのは確かにいろいろ面白いんですし、新鮮な発見が出来ることも少なくありません。 しかし、双眼鏡内のコンパスはレティクルと異なり 無視できない欠点がいくつかあるのも事実です。 まず、私が最も気になるのは視野の問題です。
 もう片方の視野にはコンパスが入っていないので一応は全視野が見えますし、方位磁針自体が視野の隅にあるので、上の写真で見るほどは気にならないんですが。
 方位磁針がちらちらして気になることがないわけではありません。 また、双眼鏡上部に突出したコンパス部分が持ち運びの邪魔に感じられることもあります。 この手の双眼鏡内蔵コンパスの最大の強みは細かい方位が正確に読み取れる点だと思うのですが、安物の方位磁石では無理でも登山用の高級品では双眼鏡の目盛と同等の精度で読み取れる製品があります。
登山用のミラーコンパス
慣れれば目標の正確な方位がすばやく求められる
 確かに面白い道具で機械好きの心をくすぐるんですけど、視野のデメリットをどう考えるかで評価も分かれるんでしょう。 
  ちなみに、より望遠鏡情報(フィールドスコープ、望遠鏡使い方など)はhttp://www.hobbyboenkyo.com/ までにどうずよろしく。

1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

記事テーマ一覧

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2017/11      >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

ブログランキング

総合ランキング
137位 / 823人中 up
ジャンルランキング
2位 / 9人中 keep
スポーツ観戦

フリースペース

HTMLページへのリンク

プロフィール

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のコメント

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧